差し止め命令が拒否された「それほど甘くない」商標争い

By Manisha SinghとAkanksha Kar、LexOrbis
0
192

Hamdard National Foundation 対 Sadar Laboratories の最近の事例では、デリー高等裁判所は被告に対する差止命令を与えることを拒否しました。原告は、1世紀以上にわたってユナニ医学、つまりアジアの特定の地域からのペルシャ・アラビアの伝統医学、およびアーユルヴェーダ薬、油、シロップ、ノンアルコール飲料を製造および販売していました。その製品の1つは、1907年以来、ルーアフザ(Rooh Afza)のマークで市場に出し、販売していました。それは、独特の配色、レイアウト、仕上げ、独特の花の装飾を含む特徴のある配置を備えたボトルで販売された、濃縮スカッシュの一種であるシャルバットでした。ルーアフザの最初の商標登録は1942年でした。原告は、その商標は1999年商標法(法律)の下でよく知られた商標で、1930年にUnani Dawakhana 対 Hamdard Dawakhana のラホール高等裁判所によって見られた二次的な意味を獲得していたと主張しました。

差し止め命令が拒否された「それほど甘くない」商標争い Manisha Singh
Manisha Singh
パートナー
LexOrbis

被告もまた、ユナニ医薬、シロップ、植物製品を製造していました。原告は、被告のマークであるディルアフザ(Dil Afza)に関連して、侵害を主張し、詐称通用として、被告に対して恒久的な差止命令を求めました。原告は、原告のルーアフザの瓶と同様の瓶を表示する広告からディルアフザに気づきました。原告は、クラス5および32のマーク、シャルバットディルアフザ (Sharbat DilAfza) に付与された被告の商標出願に不注意に反対しませんでした。

被告は、両方のマークが登録されているため、法の第29条に照らして侵害は発生しなかったと主張しました。マーク、ルーアフザはよく知られた商標ではありませんでした。アフザという言葉は、増加または追加するという辞書の意味を持ち、シャルバットの取引で一般的です。アフザという言葉は特徴的ではなかったので、それぞれ心と精神を意味するディルとルーという言葉の間には十分な違いがありました。被告は、原告がルーとアフザを別々に登録したのではなく、ルーアフザ全体を登録したと指摘しました。

被告は1949年以来、クラス5の商品、ユナニ医薬、薬用シロップにマーク、ディルアフザを使用していました。原告のルーアフザは1907年以来、クラス5の商品に使用されており、過去70年間にわたって明らかな混乱はありませんでした。シロップとシャルバットにマーク、ディルアフザを採用したことは不正ではなく、2つの製品の飾り、レイアウト、ラベルに混乱はありませんでした。原告は、被告の主張のようには1949年以来ディルアフザの使用は示しておらず、1976年にディルアフザに付与された医薬ライセンスは使用されていると解釈できないと反論しました。

差し止め命令が拒否された「それほど甘くない」商標争い Akanksha Kar
Akanksha Kar
マネージングアソシエイト
LexOrbis

裁判所は、その商標が評判と信用を築いたという原告の主張を認めましたが、Unani Dawakhana事例とは異なり、本件は同一の商標を含まないと結論付けました。裁判所は、混乱を判断するために、不完全な記憶または記憶力および通常の感性を持つ消費者が考慮されるべきであると判示しました。そのようなテストでさえ、普通の消費者はディルとルーが同じことを意味しているとは考えておらず、これらの2つの単語の意味について混乱することはありませんでした。裁判所は、以前の判決で定められた原則を採用し、係争中の単語が一般的である場合、前の単語に十分な重みと重要性を与えるべきであり、前の単語が一方のマークを他方から区別するものであると認めました。

裁判所はまた、原告がアフザという単語を登録していなかったため、構成単語の独占権を主張することはできなかったと指摘しました。ルーアフザという用語は、原告によって製造されたシャルバットであるという二次的な意味を獲得した可能性がありますが、アフザという言葉はそのような意味を獲得していませんでした。医薬免許については、1976年からディルアフザが使用されていると認められたとしても、薬と医薬品の微妙な取引において、両当事者間には、混乱がなく、平和的な共存があったようであると裁判所は判断しました。裁判所は、被告がディルアフザを販売することを制限する事例は起きていないと判示しました。

実質的な訴訟は、被告の登録に対する原告の修正申請の結果を待っていますが、この決定は、標章間の混乱を評価する際に、標章は、その部分を個別に審査することなく、全体として考慮されるべきであるという原則を思い起こさせるものです。マークで単語が一般的である場合、他の単語が識別要素として決定的です。

Manisha Singh は LexOrbis のパートナーで、Akanksha Kar はマネージングアソシエイトです。

LexOrbis logo

LexOrbis

709/710 Tolstoy House

15-17 Tolstoy Marg

New Delhi – 110 001

India

Mumbai | Bengaluru

 

連絡先の詳細
電話: +91 11 2371 6565
Eメール:mail@lexorbis.com

www.lexorbis.com