接尾辞”Pe”が引き起こす大きなIP紛争

By Manisha Singh、Malyashree Sridharan,LexOrbis
0
204

オンライン決済アプリPhonePeとBharatPeの背後にある企業間の長期にわたる論争は激化しています。それぞれの側は、商標と接尾辞PEおよびPeの所有権を主張し、他方に対する誤用を主張します。2019年、PhonePeはデリー高等裁判所でBharatPeをその主張で訴えましたが、2021年4月、裁判所は、継続的な誤用の申し立てを防ぐために、PhonePeによるBharatに対する差止命令の申請を拒否しました。

Manisha-Singh,-Partner,-LexOrbis
Manisha Singh
パートナー
LexOrbis

最近の衝突では、Flipkartが所有するPhonePeが、BharatPeのPostPeデジタルクレジットカードフィンテック製品をめぐって、BharatPeの所有者であるResilient Innovationsに対してボンベイ高等裁判所で訴訟を起こしました。PhonePe Pvt Ltd 対 Resilient Innovations Pvt Ltdでは、PhonePeは、PostPeマークを使用してBharatPeを防止するための差し止め命令を申請しました。PhonePeは、そのマークが登録商標であるPhonePeを侵害していると主張しました。裁判所は、PhonePeはPEまたはPeのマークを登録していませんでしたが、ヒンディー語で使用されているデーブァナーガリー文字でPeという単語を使用してラベルを登録していたと判断しました。異議申し立てはPhonePeマークの侵害を主張しましたが、申立人はその主張の中で、PEおよびPeという単語に対する排他的権利を有していることを強調しました。ほとんど余談ですが、申立人は、PhonePeとPostPeのマークを全体として考慮する必要があると主張しました。

裁判所は、商標は実際に全体として解釈されなければならないというのは和解法であると判示しました。しかし、申立人が提起した事件は、PEとPeという言葉に対する独占的権利を持っていたというものでした。PhonePeは、その議論においてPhoneという単語に依存していなかったため、マークは全体として解釈されなければならないという原則を独自に受け入れていませんでした。

高等裁判所は、全体として、回答者の標章が、同じく全体として申立人の標章に近すぎると言うことは1つのことであると判断しましたが、それぞれの要素を解釈することはまったく別のことであり、 独占権の対象となり、それに基づいて差止命令を主張します。申立人はマークPEとPeを登録していなかったため、これらのマークと単語に対する独占的権利はありませんでした。したがって、PhonePeによる主張は支持されませんでした。

Malyashree Sridharan, Associate partner, LexOrbis
Malyashree Sridharan
アソシエイトパートナー
LexOrbis

次に、申立人は、訴訟を取り下げるための休暇と、全体として取られたマークPhonePeへの請求を制限する新たな訴訟を提出するための差し止め命令の申請を裁判所に申請しました。裁判所は条件付きで休暇を認めました。これは、回答者が訴訟で提起された主張に依拠し続けることを許可しただけではなく、回答者には、新たな訴訟や差止命令の申請に反対する際に、判決自体と裁判所の命令に依存する自由も与えました。これにより、回答者は、申立人が同じ問題で異なる時期に異なる裁判所で異なる訴訟を提起したことを弁護において主張することができます。

デリー高等裁判所がBharatPeに対する差止命令の申請を却下し、その会社がマークPeを使用することを阻止したことに加えて、ボンベイ高等裁判所のこの命令はPhonePeにとってやや2番目の打撃です。

興味深いことに、2021年10月にボンベイ高等裁判所でPhonePeが訴訟を取り下げた数日後、BharatPeは、デーブァナーガリー文字のPe接尾辞デバイスマークについてPhonePe Pvt Ltdが保有する複数の登録に対して、デリー高等裁判所の知的財産部門に6件のキャンセル申請を提出しました。2021年11月12日、デリー高等裁判所はこれらの請願を却下しました。

PhonePeとBharatPeは現在、同じ問題について2つの裁判所で訴訟を起こしています。PhonePeが最終的に侵害を主張することを決定する根拠と、どちらの当事者がマークPeの独占的使用を認められるかを最終的に決定するかどうかはまだわかりません。

それぞれの側が裁判所の決定をそれぞれの事件を支持していると見なしているように見えるので、最高裁判所だけが問題を決定することができるかもしれません。結果がどうであれ、これらの事件は、知的財産権執行の分野で小さな接尾辞が発揮する力を示しています。

Manisha Singh(左) は LexOrbis のパートナーで、Malyashree Sridharan はアソシエイトパートナーです。

LexOrbis logo

LexOrbis

709/710 Tolstoy House

15-17 Tolstoy Marg

New Delhi – 110 001

India

Mumbai | Bengaluru

 

Contact details
Tel: +91 11 2371 6565
Email: mail@lexorbis.com

www.lexorbis.com