外国人投資家の視点からの株主紛争

By Inder Raj Gill と Avichal Prasad 、Kochhar&Co
0
138

ンドへの投資は、無数の中央および州レベルの法律に加えて、面倒な分野固有の要件があるため、困難な場合があります。多くの場合、外国人投資家はこれらの障壁を克服するために地元のプロモーターとの関係を求めます。しかし、投資家が誤った管理、管理、収益の支払いなどに関連する問題をめぐってインドのプロモーターとの訴訟や仲裁に巻き込まれると、困難が増します。株主間で発生する紛争は、一般的に3つのカテゴリーに分類されます。株主または合弁事業の合意から生じる契約上の紛争、抑圧と管理ミスの問題、および刑事問題です。

Shareholder disputes from a foreign investor perspective Inder Raj Gill
Inder Raj Gill
パートナー
Kochhar & Co

契約上の紛争。仲裁は、株主間契約から生じる問題を解決するための最も一般的な紛争解決メカニズムです。投資家の契約上の権利は、資格のある仲裁人、できれば中立的な国籍の仲裁人が、期限付きの仲裁規則に従って国際商事仲裁を行う場合に最もよく保護されます。仲裁地の選択も重要な役割を果たします。外国の裁定の執行の困難を回避するために、投資家は、インド政府から通知を受けた国を、インドの裁定の執行に関する相互規定のある地域として選択する必要があります。すぐに執行できる相互管轄区域からの裁定とは異なり、非相互管轄区域の裁定の執行は、裁定人が裁定に基づいてインドで民事訴訟を開始し、執行命令を取得する必要があるため、面倒で費用がかかります。

株主間の最も困難な契約上の論争のいくつかは、収益の支払いに関連しています。収益は、一般的に財務的な特定の指標が将来満たされる場合に、売り手がさらなる報酬を受け取るための契約上の規定です。これは、企業の知覚価値に買い手と売り手の間にギャップがある場合に使用されます。収益は、取引が行われることを可能にし、会社の価値に対する当事者の期待の間のギャップを埋め、バイヤーが成功したビジネスに対してのみ支払うことを可能にします。収益の評価に関する紛争を回避するには、契約条件を明確に定義し、明白にする必要があります。買い手と売り手が事業計画と、投資または買収後に売り手が保持する投入量のレベルについて合意することが重要です。この投入量には、今後のビジネスの管理に関連する保護および拒否権を含めることができます。

Shareholder disputes from a foreign investor perspective Avichal Prasad
Avichal Prasad
パートナー
Kochhar & Co

抑圧と管理ミスの問題。これらの紛争は一般に、過度の管理の行使、会社情報へのアクセスの拒否、抑圧的な行為などの問題に関連しています。過半数の株式を売却したにもかかわらず、プロモーターが合弁会社の支配を行使し、政策を指揮し続けている例がいくつかあります。特に日本の投資家は、少なくとも合弁事業投資の初期段階では、日本人駐在員を上級管理職に任命する傾向があるため、このようなリスクにさらされがちです。外国人が現地の法律に精通していないため、インドのプロモーターは管理を続ける機会があります。多くの場合、これらの衝突は深刻な紛争に巻き込まれます。これらの問題は2013年会社法に違反しており、全国会社法廷に提出する必要があります。ただし、契約上の問題を分離するように注意する必要があります。申請書は、仲裁で決定されるべき問題の裁定のために華美な請願をしてはいけません。

刑事問題。合弁会社が交渉手段として駐在員に対して刑事訴訟を起こす件が増えています。外国人投資家は、そのリスクを軽減するために、対象企業だけでなく、将来の合弁パートナーの背景や評判についても徹底的なデューデリジェンスを実施する必要があります。外国人投資家、特に主要な管理職に駐在員を雇うことが多い日本の投資家は、実際的な課題に対処し、日々のコンプライアンスリスクを軽減するために、信頼できる現地の主要な管理職を採用する必要があります。

適切なアドバイスがあれば、外国人投資家が直面するリスクを軽減し、株主紛争を効率的に処理する、あるいは回避するための戦略を考案することができます。

Inder Raj Gill と Avichal Prasad は、Kochhar&Co のパートナーです

tariffs

Kochhar & Co
ニューデリー(本社):
Suite # 1120 -21, 11th Floor, Tower – A
DLF Towers, Jasola District Center
Jasola – 110 025, India

インドのオフィス:
New Delhi, Mumbai, Bengaluru, Chennai, Gurugram and Hyderabad

海外事務所:
Dubai, Singapore, Chicago and Jeddah

連絡先の詳細:
電話:+91 11 4111 5222, +91 11 4312 9300
Eメール:

delhi@kochhar.com
info@kochhar.com