フレッシュフィールドが日本のM&Aプラクティスの責任者を任命

0
178
フレッシュフィールドが日本のM&Aプラクティスの責任者を任命
中島智子氏

Freshfields Bruckhaus Deringerは、シニアカウンセルの中島智子氏を同社の日本M&Aプラクティスの責任者に任命しました。

中島氏は2002年に入所し、数十年にわたる国境を越えたM&Aの経験があります。新しい役割として、主要なクライアントに引き続きサービスを提供し、進化する市場のダイナミクスとクライアントが直面する課題の全体像を提供するため、同社の日本のM&A関連のすべての問題を監督します。