ドメインレジストラと銀行が責任を問われる

By LexOrbis のManishaSinghとSimranBhullarによる寄稿
0
581

インターネットは犯罪者に無防備なユーザーをだますための多くの機会を与えます。ウェブ上にあるすべてのものを信じてはならないことはよく知られています。著作権侵害者がインターネットユーザーをだますために使用する想像的な方法は、制御不能になっています。ブランド所有者は、インターネット上で公然と行われている知的財産(IP)の侵害に対してより用心深くなっています。侵害者は偽のウェブサイトを介して活動し、偽のビジネスチャンスを提供します。現在、裁判所は、ドメインレジストラにもこの問題を抑制する責任があることを明らかにしました。

Manisha-Singh,-Partner,-LexOrbis
Manisha Singh
はパートナーで
LexOrbis

最近の、 Gujarat Cooperative Milk Marketing Federation Ltd. and Anr. 対 Amul Franchise In and Ors.の訴訟では、デリー高等裁判所は、原告によって経営されている有名なインドの乳製品ブランド、Amulを扱いました。商標は、www.amulfranchise.inと呼ばれるウェブサイトやその他の虚偽のサイトを通じたフランチャイズの提供に関連して使用されました。全国の人々は、ドメイン名にAmulというマークを違法に使用しているそのような不正なウェブサイトについて原告に不満を述べました。原告は30以上の法人を訴え、その多くは原告の正式な代表であると称して大衆をだましていたと主張しました。これらの被告は、Amulに関連する代理店権、販売権、雇用、フランチャイズおよびその他の機会を提供したとして非難されました。被告は返答の有った人々に、25,000ルピーから100万ルピーの範囲の頭金を彼らの銀行口座に要求しました。このような口座が開設された銀行も、9つのドメインレジストラと同様に被告です。

SimranBhullar,-Associate,-LexOrbis
Simran Bhullar
はアソシエイトです
LexOrbis

原告は、商標Amulの使用を、GoDaddy、Big Rock、Freenomなどのドメイン名から削除するようレジストラに求めたと述べました。彼らは、サイトの削除に失敗したため、侵害者は引き続き不正なウェブサイトを作成し、商標を悪用したと主張しました。彼らは再販のために提供されたドメイン名のリストさえ提出しました。2020年6月と7月に、侵害しているウェブサイトを削除するようレジストラに通知が送信され、侵害者が保持している銀行口座を凍結するよう銀行に通知が送信されました。しかし、被告は何の行動も起こしませんでした。

原告の唯一の許可されたウェブサイトはwww.amul.comとwww.amuldairy.comで、それらのホームページには詐欺サイトに対する顕著な警告が含まれています。ドメインレジストラはこれまで、商標Amulを含むウェブサイトが販売されないようにするためのテクノロジーを認識していないと主張してきました。わいせつな言葉を含むウェブサイトが売りに出されないようにするために利用可能なフィルターがなければならないので、裁判所はこの主張の受け入れを拒否しました。同様のフィルターを使用して、原告の要求に準拠することができます。裁判所は、すべての被告が訴訟に出頭または参加したわけではないという事実にもかかわらず、原告に有利であると判断し、暫定的差止命令を認めました。ウェブサイトがすぐに禁止されなければ、一般大衆と原告は取り返しのつかない損失を被るだろうという判断でした。

その後の命令により、裁判所は、原告が提出したドメイン名を一時停止、ブロック、削除し、原告が実際に所有しているものを除き、商標Amulで構成されるドメイン名の販売を差し控えるようレジストラに指示しました。裁判所はまた、the defendant banks、State Bank of India, Canara Bank, Punjab National Bank, Bank of Baroda, Bandhan Bank, Induslnd Bank, Dena Bankに、銀行口座保有者の詳細、住所、連絡先, 口座明細書の詳細を提出するよう命じました。電気通信局、情報技術省、インド国立インターネット交換局は、不正なウェブサイトへのアクセスをブロックするように指示されました。

原告は、そのような不正なウェブサイトをさらに発見した場合、裁判所に救済を求める権利を与えられました。原告は確かに、Amuldairyのマークを使用しているウェブサイトと電子メールアドレスを見つけ、裁判所の同意を得て、この訴訟により多くの被告を追加しました。訴訟は2020年11月に次の審問が予定されています。

この場合、裁判所は、侵害および偽のウェブサイトの使用に対して目的のある合理的なアプローチを採用しました。侵害者がドメイン名を購入し、有名な商標の名前を含む不正なウェブサイトを作成して、人々をだます方法に注目しました。このアプローチは、知的財産権のより広範な施行を提供するため、ブランド所有者にとって有益であることが証明されます。また、これらの権利の執行と保護は時代とともに変化しなければならないことも認識しています。最も重要なことは、この強力な命令により、ドメイン名のレジストラを制し、知的財産権の侵害に関連する問題を説明できることです。

LexOrbis のManisha Singhはパートナーで、SimranBhullarはアソシエイトです。

LexOrbis logo

LexOrbis
709/710 Tolstoy House
15-17 Tolstoy Marg
New Delhi – 110 001
India

Mumbai | Bengaluru

Contact details
Tel: +91 11 2371 6565
Fax: +91 11 2371 6556
Email: mail@lexorbis.com
Website: www.lexorbis.com