スキャデンが日本のチップメーカーの債券募集をサポート

0
204
スキャデンは日本のチップメーカーの債券募集をサポートしています

スキャデンは、日本の半導体メーカーであるルネサスエレクトロニクスによる13億5000万米ドルの優先債の提供において、ジョイント・ブックランナーおよび主幹事としてバンク・オブ・アメリカ証券、モルガン・スタンレーおよびみずほ証券USAに助言しました。

ルネサスは、グリーンノートの売却による純収入を、既存および将来の環境プロジェクトの資金調達または借り換えに使用する予定です。これは、同社の外貨建て債券の最初の発行です。募集は11月26日に終了しました。

米ドル建て債券は、2024年11月26日満期の1.543%シニアグリーン債の5億米ドルと、2026年11月25日満期の2,170%シニア債の8億5,000万米ドルの2つの分割発行で、元本総額にて提供。 債券はシンガポール証券取引所に上場されました。