コーヒーの商標権主張をめぐる確執

By LexOrbisのManishaSinghとSimranBhullarによる寄稿
0
344

46年の歴史のを持つ家族経営のコーヒー会社がカルナタカ(Karnataka)州裁判所のドアをノックし、最近のCothas Coffee Co v Avighna Coffee Pvt Ltdの訴訟で、Cothas and Cothas Coffeeの商標権侵害を主張しました。

Manisha-Singh,-Partner,-LexOrbis
Manisha Singh
はパートナーで
LexOrbis

被告会社であるGirija ChandanとSathyavathi Prakasの取締役は、それぞれC.P. ChandanとCothas K. Prakesの妻でした。2人の夫は、2013年まで原告会社のパートナーでした。被告会社は2014年に2人の妻を取締役として設立されました。 C.P. Chandanは2018年に取締役に就任しました。C.P. Chandan とCothas K. Prakasの退職を規定する退職証書は、コーヒーとコーヒー製品に関して原告の名前,商号、および製品名を使用することを明確に禁止していました。

証書はまた、彼らが同様の性質の事業に3年間従事することを禁じていました。

原告会社は1969年からコーヒー事業に携わっており、1977年と2001年にそれぞれ規則30で登録された施設と名前のCothas Coffeeの商標でさまざまなコーヒー製品を製造、マーケティング、販売しています。また、www.cothas.comというWebサイトを所有および運営しています。被告が2014年にCotha Giriの名前を登録するため申請を提出したときに、侵害が明らかになりました。原告は、誤解させる類似性を訴えて、Cotha Giri という用語が商標Cothasを侵害していると主張しました。彼らはさらに、Cothas K.PrakasとC.P. Chandanは配偶者が被告の会社を設立し、法人格を見せ掛け背後に隠しました。

SimranBhullar,-Associate,-LexOrbis
Simran Bhullar
はアソシエイトです
LexOrbis

原告は、侵害と詐称通用を防ぐために恒久的な差止命令を求めました。

被告は、包括的差止命令は、あらゆる種類の商品およびサービスに商標を登録することを禁じるものであり、許可されるべきではないと主張しました。さらに、被告会社は、栽培、生産、加工、取引およびコーヒー製品、茶製品、飲料、チコリ、および農園に必要な化学薬品と肥料を販売するために設立されました。被告会社は独立した法人であり、退職証書の署名者ではありませんでした。さらに、マークのCotha Giriは、家族の状況と取締役の1人の名前に由来する発明された言葉でした。被告は、原告のマークとは音声的および視覚的な違いがあると述べました。

裁判所の決定

バンガロール(Bangalore)地方裁判所は、原告が恒久的差止命令を受ける権利があると判断し、原告に有利な判決を下しました。裁判所は、原告が商標の正当な所有者であることを認めました。異議申し立ての商標であるCotha Giriの調査と被告の製品のパッケージも、音声的および視覚的な類似性があることを証明しました。裁判所は、被告は原告の商標と市場での評判について十分な知識を持っているとし、同様の名前とスタイルで製品を販売して、彼らの信用を利用し、現金化しようとしたと判断しました。

裁判所は、すべての種類の商品およびサービスの商標登録に関する包括的差止命令の可決に対する被告の主張を検討しましたが、広義の命令を下し、被告が「製造、販売、販売の申し出、在庫、広告、直接的または間接的に、商品、特に「Cotha Giri」の商標、または原告の商標と同一または一見類似している英語またはその他の言語のその他の商標に基づくコーヒー、紅茶、または関連製品」を禁止しました。裁判所はまた、原告が詐称通用訴訟を起こすことを許可しました。

裁判所は、原告と被告が同じ事業に関与しており、すべての当事者が原告の評判の性質とその商標の広範な認識を十分に認識していることに留意しました。裁判所は、Cotha Giriマークの使用が、原告のCothasおよびCothas Coffeeの登録マークの侵害行為であると認定することに躊躇しませんでした。裁判所は、求められた救済を許可することにおいても同様に明白でした。

結論

裁判所は、恒久的な差止命令を認めることにより、この長期にわたる侵害訴訟に終止符を打ちました。両当事者は2016年から訴訟を起こしており、カルナタカ(Karnataka)高等裁判所は下級裁判所による暫定的差止命令の付与を支持していました。高等裁判所は、地方裁判所よりも原告の元パートナーの非難においてさらに強力でした。高等裁判所は、被告会社の所有者として妻を立てるこれらの元パートナーの行為を、単に退職証書の条件を回避するための不正な試みであると見なしました。原告の知的財産の使用も同様に非難されました。

LexOrbisのManisha Singhはパートナーで、SimranBhullarはアソシエイトです。

LexOrbis logo

LexOrbis
709/710 Tolstoy House
15-17 Tolstoy Marg
New Delhi – 110 001
India

Mumbai | Bengaluru

Contact details
Tel: +91 11 2371 6565
Fax: +91 11 2371 6556
Email: mail@lexorbis.com
Website: www.lexorbis.com