オンライン上のブランド保護

0
1623
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

Essenese ObhanとTaarika Pillai が、オンライン上の模倣、仲介業者責任規則を分析します

ユーザー作成コンテンツおよびeコマースプラットフォームの広がりは、ウェブサイトのアクセス数競争と相まって、第三者による商標のオンライン使用を監視する新たな戦略を強く求めています。

Essenese-Obhan-Obhan-&-Associates-Trademark-law-India
Essenese Obhan

商標所有者および商品の名誉を棄損するような誤解を与えるコメントや好ましくない転送メッセージは、オンライン上で無制限に掲載されており、所有者はこれをほとんどコントロールすることができません。このような状況において、仲介業者は、商標侵害や商品に対する誹謗にどのような役割を果たしているのでしょうか。

商品に対する誹謗および名誉棄損: 2013年にインドの消費財メーカーParleは、その人気飲料Frootiが汚染されているという不実の発言を含む掲載を行ったとして、Facebook、TwitterおよびGoogleを訴えました。裁判所は、ウェブアドレスおよび問題のコンテンツをブロックするようGoogleおよびFacebookに指示することにより、Parleに仮の救済を与えました。

しかし、ブランド所有者の評判と、困難を伴う仲介業者の取り締まりの間のどこに線引きがあるのでしょうか。

1つの解決策は、仲介業者を対象として、仲介業者がコンテンツの広まりをコントロールできるようにするものです。最初に、ノーティス・アンド・テイクダウン措置を発することができます。この場合、仲介業者は、当該措置を遵守した場合には責任を負わずにすみます。次に、仲介業者が意図的および自発的に名誉棄損のコンテンツを掲載した場合には、仲介業者を訴えることができます。しかし、名誉棄損のコンテンツを促進または公表したとして仲介業者を訴えることは、とりわけ、仲介業者が知らずにそれをホストしている場合には実現困難です。実際、最高裁判所は、単に仲介業者が侮辱的なコンテンツをホストしているという苦情のみでは、仲介業者を訴えることができないと判示しています。

法的見解: 2000年情報技術法 (以下「法」) は、仲介業者を規制し、一定の場合に第三者コンテンツをホストすることについて彼らから責任を免除しています(第79条)。仲介業者が単にコンテンツを補助するのみであり、コンテンツを制作も修正もしない場合には、セーフハーバー保護を利用することができます。法は、犯罪の共謀、教唆、幇助または誘導については、仲介業者に責任を負わせます。 仲介業者に対しては、デューデリジェンスが不可欠です。

仲介業者の責任: インドの訴訟において、裁判所は、言論の自由の権利ならびに著作権および意匠の侵害に関して、仲介業者の責任のさまざまな局面を議論してきました。2018年、デリー高等裁判所は、Christian Louboutin SASおよびeコマースウェブサイトがかかわる事件において、オンラインマーケットプレイスでの商標侵害について仲介業者の責任を明確にしました。

Taarika-Pillai-Obhan-&-Associates-Trademark-law-India
Taarika Pillai

Louboutinは、当該ウェブサイトが、Louboutinのレーベルを本物であるとして商品上で使用し、また、アクセス数を上げるために「Christian」および「Louboutin」の語をメタタグ(あるページのコンテンツを記述した、そのページのコード内に含まれる短いテキスト)として使用したと主張しました。

裁判所は、仲介業者が、商標、著作権または特許を侵害する商品をホスト、表示またはアップロードしないという契約を売主と締結しなければならないとする、2011年情報技術(仲介業者ガイドライン)規則に言及しました。このガイドラインを単に遵守しただけでは、十分な防御にはならない可能性があります。商品の真正性を確実にすることなくLouboutin の商標を無許可で使用することで、所有者の権利は侵害されました。そのようなeコマースウェブサイトは、売主についての情報を開示し、リストに記載された商品の真正証明書を提供し、および商品をリストに掲載する前に所有者の同意を得なければなりません。裁判所は、セーフハーバー保護を否定して、ウェブサイトの役割は、売主と買主を結びつけるのみならず、商品の真正性を調査および保証することであるとの結論を下しました。

最近、中央政府は、インターネット会社およびソーシャルメディアプラットフォームに対する説明責任を重くするために、仲介業者の責任に関して、2018年情報技術(仲介業者ガイドライン)規則(以下「規則草案」)を提案しました。

規則草案は、プラットフォームに掲載されたコンテンツが、とりわけ、ブランド所有者の権利を害し、または模倣商品の流れを増加させる可能性のある場合に、プラットフォームの所有会社に説明責任を課します。この規則草案は、暗号化モデルおよび検閲方針に根本的な影響を及ぼします。仲介業者は、当局から要求された情報を提供し、また、疑わしいコンテンツの出所を追跡しなければならなくなります。WhatsAppのようなプラットフォームは、運営を続けるためにコンテンツを監視し、エンドツーエンド暗号化を解除しなければならなくなります。そのような会社は、著しく侮辱的、名誉棄損的および誤解を招くコンテンツをスキャンし、その共有を防止しなければならなくなります。

eコマースおよびソーシャルメディアウェブサイトの増加に伴い、知的財産侵害を防止するには、適切な法律および適切な法執行メカニズムが不可欠です。残念ながら、法律およびガイドライン案は、合理的な解決策を提供していません。理想的には、適切な当局による最終決定を待つ間に被侵害当事者が削除を要請できるようにし、さらに言うと、取るに足らない通知をやめさせるように、IT法に基づくノーティス・アンド・テイクダウン制度を再構築すべきでした。この体制が固定されるまで、ブランドは、コンテンツの監視ならびにサービスプロバイダーに対する不正業者および模倣品についての通知にリソースを費やし続けることになり、一方、仲介業者は、責任および適用除外の道を注意深く歩み続けなければなりません。

Essenese Obhanは、Obhan & Associatesのファウンディングパートナーであり、Taarika Pillai は同事務所のシニアアソシエートです。

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link