オフラインのデジタル取引がポイントに

By Sawant Singh と Aditya Bhargava, Phoenix Legal
0
605
LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link

融分野の利害関係者は、開発および規制政策に関するインド準備銀行(RBI)からの声明の発表を注意深く見守っています。これらの声明は、RBIの思考プロセスとRBIが規則作成に取り組む意図している方向性に関するガイダンスを提供します。2020年8月の声明は、インターネット接続が低いか利用できない場所にデジタル決済をもたらすテクノロジーをテストするスキームを発表しました。これらのテストに続いて、2021年10月の声明で、RBIはオフライン小売デジタル決済の枠組みを導入する意向を発表しました。2022年1月3日、RBIは、少額のオフラインデジタル決済を実行するための枠組みを導入しました。

Offline digital transactions are now on point Sawant Singh
Sawant Singh
パートナー
Phoenix Legal

オフラインのデジタル決済メカニズムは、2021年10月の声明の決済システムについてRBIによって導入された3つの規制の進展の1つでした。その他は、インド国立決済公社の即時決済サービスの取引限度額を500,000インドルピー(6,750米ドル)に引き上げたことと、決済システムのタッチポイントのジオタグ付けでした。この最後のポイントは、POS(Point-of-Sale)端末やQuick Response(QR)コードなどの物理的な支払い受け入れインフラの地理的座標を取り込むことを意味します。

枠組みは、オフライン支払いを完了のためにインターネットまたは電話接続を必要としない取引と定義しています。オフライン決済ソリューションは、認可された決済システムのオペレーター、および決済システムの参加者、取得者、発行者として分類される銀行とノンバンクによって提供できます。オフラインでの支払いは、当事者が互いに近接している場合にのみ行うことができます。この枠組みにより、カード、ウォレット、携帯など、これらはすべて、追加の認証の有無にかかわらず使用でき、任意のチャネルまたは機器を使用してオフラインでの支払いを行うことができるという柔軟性が実現します。

Offline digital transactions are now on point Aditya Bhargava
Aditya Bhargava
パートナー
Phoenix Legal

顧客は、支払い手段がオフライン取引を実行できるようにするために明白な同意を提供する必要があります。個々のオフライン取引の制限はINR200であり、任意の支払い手段でのすべてのオフライン取引の合計制限はINR2,000です。制限に達すると、オンラインモードで追加の認証を使用した場合にのみ、オフライン取引の支払い手段を補充できます。支払い手段の発行者は、支払い手段のユーザーにすべての取引の適切な詳細を提供する必要があります。

オフライン支払いは、電子支払い取引のためにRBIによって規定された顧客責任保護の対象となります。 これらは、詐欺、過失、または決済手段提供者のサービスの欠陥が原因で不正な取引が発生した場合、または、第三者の違反による不正取引の連絡を受け取ってから3営業日以内に顧客が支払い手段の提供者に通知した場合、そして、過失が顧客にも支払い手段提供者にもない場合は、顧客は責任を負わないということです。顧客は、不正取引を支払い手段提供者に報告するまで、過失に起因する不正取引による損失の責任を負います。そのような報告後に発生した損失は、支払手段提供者が負担します。

デジタルオフライン取引を可能にすることは、特に関連する価値、テクノロジーソリューションのローテクな性質、および他の支払いやフィンテックのイノベーションと比較した興奮の欠如を考慮すると、マイナーな開発のようです。ただし、インフラと地理的な遠隔性の欠如により、人口の大多数が金融サービスへのアクセスを欠いているため、この規制の進展は、電力供給と電気通信インフラが不十分な遠隔地での金融包摂を改善する先陣となる可能性があります。その過程で、それは金融リテラシーを促進します。この規制の開発をより効果的にするために、RBIは、中小企業およびマイクロファイナンスのローンと保険料の支払い、および政府の補助金制度からの支払いの受け取りをデジタルオフラインシステムを通じて処理できるようにする規定を枠組みに組み込む可能性があります。このような規定は、規制に関する重要な先見性を示し、広範囲にわたるプラスの影響をもたらすでしょう。

Sawant Singh と Aditya Bhargava は、PhoenixLegalのパートナーです。Sristi Yadav はシニアアソシエイトで、この記事を寄稿しました。

Phoenix Legal

Phoenix Legal
Second Floor
254, Okhla Industrial
Estate Phase III
New Delhi – 110 020
India

Vaswani Mansion, 3/F
120 Dinshaw Vachha Road, Churchgate
Mumbai – 400 020
India

連絡先の詳細
電話: +91 11 4983 0000 / +91 22 4340 8500
Eメール :

delhi@phoenixlegal.in
mumbai@phoenixlegal.in

LinkedIn
Facebook
Twitter
Whatsapp
Telegram
Copy link