アシャーストが東京と香港で紛争解決と企業のパートナーを採用

0
160
アシャーストは東京と香港で紛争と企業パートナーを採用
左から Alexander Dmitrenko氏とJessica Li氏

Ashurstは、東京における紛争解決プラクティスのパートナーとしてAlexander Dmitrenko 氏を、香港のグローバルマーケットグループのパートナーとしてJessica Li氏を採用しました。

Dmitrenko氏は、2015年から6年以上、東京のFreshfields Bruckhaus Deringer でアジア制裁の元責任者を務めていました。Jessica Li氏は3年半の間、弁護士を務めた香港のAllen & Overyから入所しました。

Dmitrenko氏は、ホワイトカラーの防衛、内部調査、制裁と輸出管理、および紛争解決を専門とし、15年以上の経験を持っています。彼はまた、金融機関やその他の企業に対して、米中の規制の緊張と潜在的な法の抵触に関連するコンプライアンスとリスク軽減策について、アドバイスを行っています。

Li氏のプラクティスは大中華圏の債務資本市場に焦点を当てており、主要な顧客には、国内および国際的な銀行、金融機関、その他の企業体が含まれます。彼女は、さまざまな債務および株式関連の資本市場商品についてアドバイスを行っています。

Ashurstのアジア太平洋紛争解決責任者であるブリスベンのJeremy Chenoweth氏は、経済制裁とある程度の輸出規制は、地政学的貿易関係の重要な側面であると述べました。

「私たちのクライアントは、リスクを管理するためと、ESG問題への関心の高まりの一環として、コンプライアンスの重要性にますます注目しています」と、Chenoweth 氏は語っています。

また、アジアの地域責任者で、香港の財務、資金、リストラ部門のグローバル共同責任者であるJini Lee氏は、次のように付け加えました。市場は非常に活発で、資本集約型産業における高格付けの中国の発行者や中国の投資銀行は、ますます国際的な債務融資の調達を求めています。「Jessicaの専門知識と豊富な経験は、これらの機会を活用するのに役立つでしょう」とLee氏は述べています。